美白成分ハイドロキノンの副作用は大丈夫?

植物由来のアルブチンという美白成分に構造が酷似しており、 メラニンの生成を出来るだけ食い止めてくれます。

従来から、シミに効果がある薬として有名であり、皮膚科でもよく 医薬品として利用しています。メラニン色素由来であるものには< すべて効果があり、シミ・そばかす・傷・火傷など様々なものに 対応しています。

炎症後の色素沈着にも使えるため、効果の幅は大幅に広くなっています。

通常、ドラッグストアなどで売られている美白特効薬には、 これほどまでに強いものは入っていません。 そのため、エステサロンや、医療機関で処方してもらうしかないのです。

強い効果があるからこそ、医薬品にも認められていますし、 その効果から肌の漂白剤なんてあだ名がついていることもあります。 薬を用いてかなり大きな効果を期待したい場合は、是非この ハイドロキノンが利用された医薬品を利用すると良いでしょう。

もちろん、大きな効果の裏側には、デメリットも潜んでいます。 ハイドロキノンは、単体利用では効果がとても出にくいことがわかって いるのです。

肌の浸透圧と一致しないため、染み込みにくいのがその原因です。 でも、安心してください。 上手く活用するための併用策ももう確立されているのです。

それは、ピーリングとの併用です。 ピーリングは、古い角質をはがすことにより、美白させていくという ものですが、これを行った直後にハイドロキノンの医薬品を利用する ことで、格段に効果が上がるのです。

とても劇的な効果が期待でき、部分的にも広範囲にも対応できるため、 とてもメリットが大きいです。

利用している間は皮膚が乾燥しやすい状態になってしまうので、 そこさえ気をつければ、非常にメリットも大きく、利用しない手は ありません。

なかなか美白の効果が出ないと悩んでいる場合は、ハイドロキノンの 医薬品を検討してみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ