手術室看護師を目指している方は要チェックです!

手術室看護師 > 手術室看護師が働く施術室はどんなところ?

手術室看護師が働く施術室はどんなところ?

「患者様の看護」「手術の介助」「感染の防止」「機器の整備」「各診療科の要求の調整」「手術スケジュールの立案」など手術が安全にスムーズな遂行をおこなうセクションが<手術部>です。 そして実際にオペをする部屋が手術室になります。ここでは、手術室担当の看護師が働く施術室はどんなところかをご説明いたしましょう。
手術室(オペ室)看護師に強い求人サイトは?

手術部の入口にはコントロール室があります。 手術室のカメラや診療端末で手術を受ける患者様の入室・退出や手術室の進行状況を把握できるようになっています。 看護師長や看護主任が中心になり、それぞれの手術室に麻酔科医と看護師が適切に配置して対応できるように調整されています。
訪問看護師 求人

手術室の数は病院の規模によって違いますが総合病院の場合は10室前後が一般的です。 多いところになりますと20室以上の手術室が設置されているような大規模病院もあります。 手術の枠は曜日と時間帯によって各診療科目毎に区分されています。

救命救急センターや総合周産期母子医療センター機能がある病院では手術室のうち1室は緊急オペに備える部屋としています。小児重症例・緊急帝王切開・重症救急患者に対応できるような体制になっているのです。

手術室の前には手術を担当する医師や看護師は手洗い場で手指を消毒します。 センサーやフットスイッチによって余分なものに一切触れずに蛇口や消毒液の開閉ができるシステムになっています。

手術室の中に目を移しますと、患者様が横になる手術台・麻酔機器・心電図・血圧モニター・電気メスなど手術機機が配置されています。 天井には<無影灯>と呼ばれている円盤状の照明器具があります。

執刀医の頭で光が遮られても、手術をしている部分に影ができにくいように工夫されています。 手術中は、外科医・麻酔科医・看護師以外に臨床工学士や放射線技師がオペ室内に入室して、手術機器の管理をしたりX線撮影をしたりする場合もあります。

以上、手術室担当の看護師が働く施術室はどんなところかをご説明いたしました。 手術が終了して患者様が退室するとオペ室専門の清掃業者が手術室の内部を清掃します。