キャッシング > 誰にも知られずにキャッシングを利用したい

誰にも知られずにキャッシングを利用したい

奨学金などならまだしも、個人的にお金を借りるということは、あまり周りには知られたくないことですよね。 特に消費者金融からのキャッシングは、誰にも知られたくないことでしょう。では、キャッシング即日融資って誰にも知られず、利用することは可能なのでしょうか?

答えは「はい」で、キャッシングは基本的に、誰にも知られずに利用することができるのです。 ただし、申し込みをする時に、職場へ在籍確認をすることもあるようですが、その場合は、個人名を名乗って、取り次いでくれませんかとお願いをするだけですので知られることはありません。

また、キャッシングを利用する際も、コンビニにあるATMでお金を引き出すことが出来ます。 なので周りから見れば、普通にお金をおろしているだけにしか見えません。 もちろん借入だけでなく、返済もATMからできますよ!

また、最近では来店不要でインターネットからの申し込みが主流になってきました。 そのため、申し込みから借入、返済まで、誰にも知られること無くキャッシングできるのです。 他人はもちろんですが、家族にも知られることはありません。

キャッシングを利用している人のほとんどが、このように誰にも知られずに利用しているので、実は友達がATMに行ったと思ったらお金を借りていた!なんてこともあります。 旦那に内緒で奥さんがキャッシングで、多額の借金をしていた、またはその逆も、少なくはありません。

やはり、少額ならまだしも、額が大きくなるのであれば、家族には相談したほうが良いでしょう。 お金に関して内緒にするというのは、家族関係を悪化させる原因になります。

そして、キャッシングをしていることを誰にも知られたくないと思っているように、キャッシングって恥ずかしいことだと思っている人も多いです。 しかしよく考えて見れば、お金の貸し借りって凄く身近なものだったりするのです。 例えば、銀行ってなんで経営できているのかを考えればわかると思います。
財務省

銀行はお金を貸すことで、経営できているのであり、銀行は多くの企業に融資しています。 住宅ローンや自動車ローンも借金ですよね。 お金の貸し借りは、社会の中ではごく当たり前のことであり、恥じるべきことではありません。 お金を借りていて恥ずかしいのは、きちんと返済ができずにだらしなく過ごしていることです。 このように、キャッシングって全然恥ずかしいことでは無いのですよ!

契約書をなくしても過払い金返還請求は可能?

過払い金の返還請求は、もちろん自力で行うことも可能です。 自分自身で回収できれば、費用がかからないといったメリットもありますし、 もともとお金を返して欲しくて行う請求ですので無駄使いを避けたい方にはお勧めです。

ところが、自力で取り戻すことにもデメリットが存在してます。 法律の専門家ではなく、また経験もない事を行う事になりますので、 時間がかかり、また労力も費やす事になってしまうでしょう。

優位な交渉もままならないケースも珍しくありませんので、できれば法律家への依頼をオススメしておきます。

「よし、じゃあ弁護士に依頼しよう!」となれば、相談に足を運ぶ事になりますね。 その時にあなたが持っていくべきものは、 契約書、取引明細書、振込明細書、取引期間・契約内容・取引状況確認書類などになります。

あらかじめ持っていくものを確認しておくべきでしょう。

ところが、これらの契約書をきちんと保管できていな方もいらっしゃるかもしれません。 過払い金を疑う、ということは、少なくとも数年前の取引についてであることが多く、 その数年間の間に契約書をなくしてしまうケースも珍しくはありません。

「契約書がなければ、依頼を出すことや過払い金を請求することができないのでは?」 「もう契約書も無くなってしまったから、過払い金は諦めてるの。」 そんな方はいらっしゃいませんか?じつは、契約書がなくても過払い金の返還請求は行えます。

あなたにお金を貸した業者は、全ての取引履歴を開示することが義務つけられています。 その履歴を元に過払い金の請求ができますので、安心して依頼をしてください。 とはいえ、ケースバイケースでなんらかの理由から履歴の開示がされない事もありえます。

自分の場合がどうなのか、それは実際に相談してみない事にはわかりませんが、 契約書がないからといって諦める必要な全くありません。

あなたが一生懸命返済したお金は、ひょっとすると返す必要のないものであったかもしれないのです。 ぜひ前向きに、過払い金返還請求を検討してみてくださいね。

キャッシングの過払い金を回収する手段は?

「あなたが返済したお金、過払い金かもしれません。」 「過払い金を請求しましょう!」 最近、こんなフレーズを広告やコマーシャルで見かけますね。

過払い金とは、本来は返す必要のなかったお金を指します。 もしも過去にキャッシングを利用したことがあるのであれば、 過払い金はあなたにとっても他人事ではないかもしれません。

思い当たるのであれば、ぜひ確認してみることをお勧めします。

では、「お金が返ってくるのなら、確認してみようかな。」そう決意したとして、 あなたが次にするべきことを知っていますか? もしも過払い金の回収をするとなると、どのような手段があるのでしょうか?

過払い金の回収の手段は、大きく分けてふたつあります。 一つめに、自分で回収する方法。そして二つ目に、法律家に依頼する方法です。

二つ目の法律家というのは、弁護士や司法書士のことを指します。 最近目にする広告やコマーシャルは、これら法律家によるものですね。

法律家に依頼する際、当然ですが費用がかかってしまいかます。これに対して自力での回収には費用がかかりません。 法律家への依頼は、本人の金銭的なリスクがデメリットであると言えるでしょう。

しかし弁護士などの法律家であれば、経験豊富な専門家の立場からスムーズに交渉ができます。 自力での回収に比べ、時間や労力は段違いに軽くなります。 自力のデメリットは、なんといっても時間や労力にあるのではないでしょうか。

また自分自身での場合、業者によっては過払い金の返還を拒否してしまうケースも存在しています。 有利な交渉を進めるためにも、ぜひ法律家への依頼を検討してみてください。

該当する自覚がなく、過払い金の請求をしていない方が現在も大勢存在しているといわれています。

本来は返済する必要のなかった、返ってくるはずのお金をそのままにしておくのは、とてももったいない事ですね。 過払い金は、あなたの大切名お金です。ぜひ、取り戻してくださいね。